シックハウスについて

リフォーム

シックハウスについて

シックハウス症候群

家の新築やリフォームでシロアリ駆除をした場合にその家に住む人が健康を害することがあります。
最近の住宅が高気密化していることも原因で、建築基準法改正により平成15年7月からは新築住宅には24時間換気が義務付けられました。
シックハウス症候群については合板やパーティクルボード、接着剤などの建材から発生するホルムアルデビドが原因の一つとして挙げられています。
もちろんまったく平気な人もいるのですが、喘息の持病があるなどのアレルギー体質の人は、リフォームの工事完了後は建材から発生する化学物質の量が多いため、当分入居しないでその間換気を行い、状況をみながら入居すると良いでしょう。
家の中の建材で発生する化学物質で合板・パーティ来るボードはホルムアルデヒドで、塗料はトルエン、キシレンがあり、接着剤はトルエンとキシレン、ホルムアルデヒド、畳は有機リン系殺虫剤、木材保存剤や防蟻剤は有機リン系殺虫剤とピレスロイド系殺虫剤があります。

建材のランク

リフォームで合板などフローリングやパーティクルボードなどの部屋の間の仕切りの壁は、ホルムアルデビドの放出量によりランクがあり、当然放出量の少ないものほど値段が高くなります。

壁紙の接着剤

壁紙で使用されている接着剤がホルムアルデビドを発生させている原因ではないかと一時期疑われたことがあったのですが、その後、調査の結果、ホルマリンが含まれていない接着剤が使用されていることが判明して、最近はそういったことはあまりないみたいです。
リフォームのときに健康素材を使用して、壁紙ではなく、珪藻土塗りなどにすることもできるので一度業者の方に相談してみると良いでしょう。

 

健康に良い自然素材

リフォーム画像10

通常リフォームに使用される建材としてフローリングは合板、壁紙は塩化ビニールといったものを使用しています。
これらの建材は反りや伸縮が少なく、いろいろなデザインが楽しめ、リフォーム工事のスピードが速くなるといったメリットがあります。
接着剤などを使用しているので、ホルムアルデビドが出る量に応じてJASのランクづけがあります。
それに対して自然素材といわれる建材もあり、無垢のフローリングや漆喰、珪藻土を使用した塗り壁や自然素材の壁紙などです。
質感や値段、健康面など、どれをとっても高いものなのです。

 

リフォームで合板フローリングを使用する場合、伸びや縮みが少ないというメリットがあるのですが、接着剤で固められることや冬は冷たく温もりに欠けるなどがあります。 これに対し、天然の無垢材は調湿効果や断熱効果があり、夏涼しく冬は暖かく感じられ素足でも気持ちよく過ごすことができ、杉や檜などの日本で昔から親しまれている針葉樹の他、メープルやチークなど外国のものなど、最近では多く輸入され、それぞれ独特の木目や色調、風合いを楽しむことができます。
最近は床暖房に対応できる無垢フローリングなども開発されており、また、インテリアにこだわる人は床だけでなく壁や天井などにも一部木を使ってみるのも良いでしょう。

 

土や漆喰

もともと日本の家では内外とも土や漆喰で塗られていましたが、リフォームや工事の施工の手間やコストの問題などがあり、安くて簡単に施工できるとして壁紙になったのです。
しかし、最近の室内環境への配慮やデザイン性の高さから漆喰が見直され、また、壁紙も自然素材を使用したものが多くあります。

 

大理石や御影石といった家の建築に利用される石は素材そのものに有害物質を含んでいなく、存在感や高級感が非常に大きい素材なので、高級ホテルや旅館などでよく使用されております。

Valuable information

最終更新日:2016/4/21

Copyright (C) 2008 リフォームのあれこれ. All Rights Reserved.

キッチンリフォーム

洗面化粧台のリフォーム

リフォーム価格

クレームや不満

シックハウスについて

お問い合わせ