リフォーム価格

リフォーム

リフォーム価格

目安

リフォームの値段は機器や素材のグレードによってさまざまです。

 

システムキッチン

システムキッチンはキッチンの交換だけなのか、内装も新しく換えるかによってリフォーム費用が大きく変わってくるのです。
システムキッチン本体の価格の他に既存のキッチンの撤去費用や設置費用、給排水・電気・ガス工事などの費用が必要で60〜300万のリフォーム費用が必要になってくるでしょう。

 

ユニットバス

ユニットバスの本体価格は40〜200万円ぐらいで、その他に取り付ける費用が5〜20万円ぐらい必要なので60〜220万円ぐらいは必要になってくるのです。
柱や基礎部分が損傷している場合は補修費用が別途10万円ぐらい必要になるのでそういったところも考慮しながらリフォームを行いましょう。

 

トイレ

便器の交換だけなのか、内装も新しく換えるかによってリフォーム費用が大きく変わります。
便器本体は4万円ぐらいからあるのですが、温水洗浄機能付きのものだと20万円以上になります。
本体価格のほかに工事費が必要となってくるので、7〜50万円ぐらいのリフォーム費用が必要となってくるでしょう。

 

洗面化粧台

洗面化粧台の交換だけなら取り付け費用込みで10万円ぐらいからあり、内装を含めると20万円になるでしょう。
高級タイプのものは本体が約25〜30万円ぐらいになるのでリフォーム費用は10〜40万円ぐらい必要になってくるでしょう。

 

フローリング

60平米のマンションを全室フローリングにリフォームした場合の費用は床材によってリフォーム価格が変わるので50〜100万円のリフォーム費用が必要になるでしょう。
リフォームする際は、素材や免責単価、床暖房を起動させるヒーターにより費用がだいぶ変わって来ますので、床暖房に対する自分の希望をしっかりと伝え、リフォーム価格を見るようにしましょう。

 

洋室内装

6畳の洋室の天井や床、壁を中程度の素材でリフォームした場合、20〜35万円のリフォーム費用が必要になってくるでしょう。

 

壁紙塗り替え

外壁面積60坪の場合、塗料の種類によって値段も変わるので70〜90万円ぐらいのリフォーム費用が必要になってくるでしょう。

 

屋根の葺き替え

建築面積25坪の場合、既存の屋根の撤去や下地の補修費用などを含んで50〜100万円のリフォーム費用が必要になってくるでしょう。

 

見積もりの種類

 

工事総額方式

リフォーム画像5

工事総額方式はリフォームの総額で請負うというドンブリ勘定の方式で、小工事の場合はそういった方式が多いみたいです。
但し小工事とは言えない工事なので、この方式では客にとって内訳が分からず、高いのか安いのか判断することができないのが問題です。
まともなリフォーム業者は小工事以外でこの方式の見積書を出すことはないので、そういった場合があればそのリフォーム会社を疑った方が良いでしょう。

 

工事単価方式

工事単価方式はリフォームする坪いくらで請負うという方式で、これも内訳が分かりなく、ドンブリ勘定の一種といえます。
どのような材料や設備を使用するのかによって、坪単価が大きく変わることは誰でもわかるでしょう。

 

工事別内訳方式

仮設工事、木工時、仕上げ工事、電気工事などの工種別に工事費を設け、さらにそれぞれに内訳明細書を添付して、積算の根拠が明確に分かる方式です。

 

部屋別・部分別内訳方式

基本的に工種別内訳方式と同じなのですが、これを部屋別に区分する方式で、壁や床、天井などに区分する場合もあり、仕上げ工事中心の壁紙の張替えなどのリフォームの場合は非常に分かりやすい方式です。

 

見積書の読み方

工事別のリフォーム費用の内訳の記載がなく、総額のみを記した見積書は危険なので注意してください。
また、材質や数量、単価で金額が決まるようなリフォーム工事については、その内訳明細書を確認するようにしてください。

 

仮説工事費

仮説工事費とはリフォーム工事のための足場や仮設トイレなどの設置のリフォーム費用です。

 

解体・撤去費

リフォームする壁や機材の解体、撤去などに必要なリフォーム費用で、家庭のゴミとは違って産業廃棄物としての処理が必要になってくるのです。

 

木工事費

柱や梁の補強などの木材を使用するリフォーム工事の費用全体のことです。

 

左官工事費

内装の漆喰塗りや外壁のモルタル塗りなどのリフォーム費用です。

 

建具工事費

ドア、障子、襖などと取り付けに必要なリフォーム費用です。

 

塗装工事費

ペンキやニス、ラッカーなどによる建具の枠まわりなどの塗装に必要なリフォーム費用です。
ただし、外壁の塗装費用が計上されることもあるので、塗装箇所が明確になっているか確認してください。

 

内装工事費

天井や床、壁の張替えなどに必要なリフォーム費用です。

 

タイル・石工事費

トイレ、浴室、流し台まわりなどのタイル工事のリフォーム費用です。

 

雑工事費

例えば、造り付けの家具などの費用やカーテンレールの取り付け費用など、他の項目に分類できない小工事のリフォーム費用になるのです。

 

設備工事費

電気、ガス、給排水などのリフォーム工事費用です。

 

外構工事費

門、塀、ベランダ、車庫などのリフォーム工事費です。

 

諸経費

運搬や現場管理などに掛かる費用で、リフォーム会社の利益などもここに含まれるのです。

 

recommend

Last update:2016/4/21

Copyright (C) 2008 リフォームのあれこれ. All Rights Reserved.

キッチンリフォーム

洗面化粧台のリフォーム

リフォーム価格

クレームや不満

シックハウスについて

お問い合わせ